2021年春・夏のメンズトレンドを写真付きで解説! | かりゆしウェア(沖縄版アロハシャツ)専門店:MAJUNかりゆしウェア(沖縄版アロハシャツ)専門店:MAJUN

MAJUNからのお知らせ

【WEB通販】夏季休業期間について

詳しくはこちら >>

データセンター電源設備メンテナンスのお知らせ

予定日時:2021.8.4(水) 午前 1:00 ~ 7:00

MAJUN OKINAWA WEB STOREをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
誠に申し訳ございませんが、電源設備メンテナンスのため、上記日時中はご利用いただけません。
上記時間外でのご利用をお待ちしております。
お客様へはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解くださいますよう、お願い申しあげます。

システムバージョンアップ予定日のお知らせ

予定日時: 2021年09月29日(水) 午前01:00 ~ 午前07:00

MAJUN OKINAWA WEB STOREをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。
誠に申し訳ございませんが、システムバージョンアップのため、上記期間中はご利用いただけません。
上記の時間外でのご利用をお待ちしております。
お客様へはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解くださいますよう、お願い申しあげます。

2021年春・夏のメンズトレンドを写真付きで解説!(2021.02.19)

寒さも和らぎ過ごしやすい季節になってきましたね。おしゃれが好きな人たちは、そろそろ春夏のファッションが気になる頃ではないでしょうか。

今年のトレンドは男女問わず、明るい色使いに花柄などの華やかな雰囲気が中心。その他にもミニマリズム、サスティナブルと、社会性が反映されたものにも注目が集まっていました。

これだけを聞くと、今年の春・夏のアイテム選びやコーディネートはちょっと難しいものになるのかと身構えてしまいそうですが大丈夫。

これからMAJUN(マジュン)と一緒に今年の最新トレンドを勉強していきましょう。

 

【2021春・夏 トレンド】男前な花柄とエコなファッションが旬

 

 

2021年春・夏のトレンドで印象的なのが「花柄」です。レディース定番人気の花柄ですが、今季は多くのメンズコレクションにも花柄のシャツが登場しています。

そして、最近注目されている「サスティナブル」。いわゆるエコファッションも次々と発表され、ファッションも地球環境に配慮するという新しい流れが出てきている様子。

それに加えてやはりこの季節と言えばマリンテイストも忘れてはいけないトレンドの1つです。

またトレンドカラーは、彩度の高いホワイト・イエロー・グリーン・グレーが選出。

今年も新型コロナウィルスが終息を見せず暗いニュースが多く、その落ち込んだ雰囲気をファッションで少しでも明るくしたいとパステルやネオンカラーが選ばれたそうですよ。

 

それでは次は各トレンドの説明をしていきますね!

 

大胆な「男前花柄」でクールに

 

 

今季のトレンドの中でも目を引く存在の花柄。花柄と聞くと女性的なイメージになりがちですが、今おすすめしたいのはもっとインパクトがあって男前な花柄です。

「男前な花柄」とは具体的にどんなものかといえば、それは大柄で色使いもビビットでモダンな北欧風、南国のアロハ風などが挙げられます。トレンドカラーであるホワイトともよく合いますよ。

 

またシャツに思い切った柄を使っているので、他のアイテムはシンプルに、無地で合わせるコーディネートがおすすめ。シャツ以外のアイテムに使う色は、シャツにポイントで入っている色を使うのがおしゃれに見えるコツ。

それに加えて、ジャケットやカーディガンでシャツの見える分量を調整するのも大事なテクニックです。そうすることでインパクトが和らぎ、どんなシチュエーションでもさりげないおしゃれを主張することができますよ。

 

今外せないトレンドの「サスティナブル」

 

 

最近よく聞くサスティナブルな服とは…、自然に優しい素材を使った服作りや、作る工程で使う水などの使用量を減らすなど自然環境に配慮されている服。簡単に言えば「エコ」な服ということ。

近年ファッションの世界でもフェイクファーやレザー、リサイクルされたプラスチックで作られた服などをはじめエコへの取り組みが盛んに行われるようなりました。

今回、私達MAJUN(マジュン)でもサスティナブル、エコな素材を使ったシャツが登場しましたので紹介します。

 

 

竹を使った「爽竹」という素材を使用したシャツです。

竹はとても成長が早く、2~3年のサイクルで成長を繰り返します。そのため再生に何十年もかかってしまう他の植物の森を伐採するよりも、自然環境に影響を与えにくい植物、素材として注目されています。

その他にも吸放湿性が高く蒸れにくい、抗菌効果が高く匂いを防ぐなどシャツとして嬉しい機能も付いていて使い勝手も抜群です。

 

春夏ファッションに欠かせない「マリンコーデ」

 

この時期になると、毎年必ず出てくるマリンテイストのアイテムたち。マリンテイストと言えばボーダーが代表的ですが、MAJUN(マジュン)からはあえて変化球なマリンテイストなファッションを紹介。

 

 

バンダナ調の大柄で、どことなくエモーショナルな雰囲気のシャツ。

円を描くように泳ぐマンタとその内側にいるさまざまな魚たちは、多種多様ないきものが住む沖縄の海をイメージしています。

見れば見るほど引き込まれてしまう、いつもと一味違うマリンテイストのシャツです。スリムフィットデザインなのでラフに着たい方は1サイズ上を選ぶことをおすすめします。

 

実用性の多様化が見られる「ニューユーティリティスタイル」

 

流行が続いているユーティリティスタイルは実用的で機能的な服のこと。実用性にも様々ありますが、今年はサファリジャケットのようにポケットが多くついた個性が強めのものが多い印象です。ですがMAJUN(マジュン)からは、「日常での使いやすさ」という面からみたユーティリティウェアを紹介します。

 

 

こちらはシワを防ぐリンクルフリーのシャツです。洗濯シワ、たたみシワも防いでくれるので、1枚持っていると安心。いつでもシワのないきれいな状態でシャツを着ることができます。

日々のアイロン掛けからも開放されるとても実用的な1枚です。

 

暗い日常を変えるトレンドカラー

 

 

最後にこの春夏のトレンドカラーについて。

最初にも言ったように、今年は沈んだ雰囲気の世の中を、ファッションで少しでも明るい気持ちにしたいと言う思いからホワイト、イエロー、グリーン、グレーの明るい色が選ばれています。

とは言え、日本だと男性が明るい鮮やかな色を着るのに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。

そんなときは、肌なじみがいいペールトーンのソックスやネオンカラーの靴などをワンポイントで取り入れるといいですよ。

また、今年の春夏は「透け感」を意識して素材を選ぶとハズしません。これは必ず透けている必要はなく、あくまで「透け感」。サラッとしていて少しツヤ感があり、軽い風になびく生地であればOKです。

 

 

2021年春夏トレンドの柄・色には意外なものもあったかと思いますが、ぜひあなたのワードローブに1つ加えてみてはいかがでしょう。

きっと明るく楽しい毎日を過ごすことができると思います。